違約金を払わずにすむ方法

男女

契約満了を待つこと

引っ越しなどでインターネットを解約する場合、契約した期間内に解約すると「違約金」が発生します。この違約金は、回線業者とプロバイダーの両方に支払う必要があります。インターネットの違約金の種類ですが、新規加入割引や長期加入割引を受けた場合などに発生します。また、初回の工事費用割引などは、長期間契約を行うという条件で割引を受けているため、規約違反ということで契約で定められている違約金を支払わなければなりません。この違約金を支払わずにすむ方法ですが、解約の時期が関係してきます。インターネットの契約満了を待ってタイミングよく解約すれば、違約金は発生しません。もしくは、解約せずに引っ越し先で継続利用すれば、違約金を支払わずにすみます。ただ、引っ越しの場合、予定日の都合があり、インターネットの解約に合わせた引っ越しをするのが難しいことがあります。引っ越しに合わせると、違約金が発生してしまいます。この場合は、違約金をほかの方法で埋め合わせる方法を考えましょう。それは、ほかのプロバイダーへの乗り換えです。プロバイダーの乗り換えキャンペーンのようなものを利用すると、新規加入割引や長期契約割引を受けることができます。このようなキャンペーンによる割引と違約金の額を比較して、キャンペーンの割引額の方が多ければ、違約金を支払ったとしても損はしないことになります。インターネット利用料金の合計額を比較して判断してください。